Elegance Lore

エレガンスの伝承

エレガンスの神髄は
高度に洗練された自然体
日々の暮らしは
自らを芸術品へと磨き上げる 道程

The essence of an elegance is a Japanese-Zen mind.
Everyday life is a journey to polish oneself with a work of art.

Maria Kozuki

Maria Kozuki
©Kuninobu Akutsu
上月マリア公式ファンクラブ

上月マリアの言葉と語りをお届けいたします

言葉・語り Maria Kozuki
音楽 「Blessed Life 〜生命礼讃」
作曲 Maria Kozuki 編曲 Yu Takao

淑女の精神

美しさについて

神様のお姿

先が見えない時には

誰もが持つ至宝

祈り 〜for True Peace〜

淑女の生き方

2018.04.8 『PRESIDENT WOMAN』5月号のご案内

爽やかな芽吹きと共に始まりました新しい季節を、
いかがお過ごしでしょうか。

さて、本日はご案内をさせて頂きます。
4月7日発売の『PRESIDENT  WOMAN』5月号
『完全保存版  賢い女性の美しいマナー』において、
巻頭を含む全12ページを監修させて頂いております。

『世界のセレブリティが集う場に学ぶ「プロトコール」という教養』
『ロイヤルファミリーに学ぶ「話し方のエレガンス」』
『グローバル派の「国際基準マナー」レッスン』でございます。
 他にも数多くのマナーが掲載されておりますので、
是非ともお手に取ってご覧頂けましたら幸いに存じます。

ところで、思い返しますと、
初めて雑誌で特集して頂きましたのは1998年でございました。
以来、2018年の今日まで毎年、各種のメディアにおいて特集や連載をして頂いております。
連続20年間というのは大変感慨深いことで・・・
これも、長きにわたり理解し支えてくださっております関係者の皆様とファンの皆様の御蔭にほかなりません。
心から感謝申し上げております。

初志貫徹、けれど新しい風も楽しみながら、
大地に深く根を張る木の如く伸びやかに成長を続けて参りたいと存じます由、今後ともどうぞ宜しくお願い申し上げます。
どうぞお幸せな初夏をお迎えくださいませ。

 

 

 

 

 

 

2018.03.26 美に寄せて・・・

心は  美しいもので満たす壺
澄んだ大空
差し伸べられた指先
嵐に耐えて咲く深紅の薔薇
溢れいずる美は
その人を包むオーラとなり
その愛する人々をも
幸福へと誘う
©Maria Kozuki

A  heart is kind of a pot
that is able to fill with gerat beautihul things.
A  brilliant sky,
A warm-hearted fingertip somebody gives you to help,
A scarlet rose
that blooming with patient and beyond stormy days.
All beautiful things become your aura,
also bring  a happiness to your lovely people.
© Maria Kozuki

皆様、どうぞ美しい春をお過ごしくださいませ。

 

 

2018.03.13 美徳とともに

春の風は、環境の変化も運んでまいりますね。
皆様にはいかがおすごしでしょうか。

さて、昔の日本人は、
「お天道様がみていらっしゃる」と申しました。
この言葉には「だから、自然の理に反する非道はしてはならない」という
教えがこめられています。

地球のはじまりは混沌。
ゆえに地球も社会も人の心も
様々な要素が混在して一つの形を為しています。

そのような中で
「お天道様がみている」という概念は、
躾や仕事やご近所づきあいなどの日常生活に浸透していました。
 人生にしばしば訪れる難しい局面においては、
自分の腹を決める際の指針にもなっておりました。

勇気を出して行動する時、
孤独だけれど不安だけれど
正しいと信じる道を歩いてゆこうとする時には特に、
「美徳」は「芯」となり「信」となって、
わたくしたちの心を強く明るくしてくれることと存じます。
変化は進化の証。
美徳を軸に据えてポジティブに乗り越えて参りましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018.03.1 審美眼

三寒四温のみぎり、
皆様にはいかがお過ごしでしょうか・・・

さて、今日はファンの方のリクエストにお応えし、
仮想と現実をテーマに、
「審美眼の養い方」のエッセンスについてお話をさせて頂きます。

仮想通貨を筆頭に、世界中で様々な分野における「仮想」と「現実」について論じられ、
その仕組みづくりも急速に進んでいます。
皆様も見聞きなさることがありますでしょう。

このことについてまず認識しておくべきことは、
「現在“仮想”と言われる事柄も、“現実”と言われる事柄も、
 人間が作り出した概念である」
という事実です。

実際に、現代人の多くが「仮想」と捉えられている事柄の中には、
古代の人々にとっては「日常」であったものが数多くあります。
経済もその一つです。

さらに、「宇宙」という生命の単位から俯瞰して見てみましょう。
すると、宇宙の中で起きていることはすべて「現象」であり、
地球に生きる人間が生み出した事柄もすべて現象である
ということがお分かり頂けるかと存じます。

その現象に良い悪い、幸・不幸、古い新しい、仮想・現実などの「価値」をつけ、
その価値観を浸透させることによって「群れ」という社会を構築しながら繁栄して参りましたのが「ヒト」の歴史です。

ブロックチェーンや新型決済などは、
今後の行政・企業・経済を中心に、
あっという間に世界のスタンダードになってゆくことでしょう。
しかしこれらも、今お話しした「現象」の一つであり「歴史」の一部であることに何ら変わりはありません。

いつも申し上げることではありますが、
このような本質をしっかりと捉えそれを思考の基軸とすることが、
あらゆる物事に対処する際の基本です。
すると自ずと、自身の中に天与されている「環境適合能力」が発揮され、
未来のために必要な事柄も分かるようになります。
あなたの内側から出てきたそれは積極的に勉強をしてまいりましょう。
その勉強がブロックチェーンの人もいれば、
自給自足の方法の人もいる・・・という具合に、
一人一人個体差があることを忘れずに。
自分の居場所をしっかりと守りながら、
同時に多様性受け入れ、他者と共存してゆくことが大切です。

今日はここまで・・・
お目通し賜り誠に有難う存じました。
どうぞお幸せな一日をお過ごしくださいませ。