Elegance Lore

エレガンスの伝承

エレガンスの神髄は
高度に洗練された自然体
日々の暮らしは
自らを芸術品へと磨き上げる 道程

The essence of an elegance is a Japanese-Zen mind.
Everyday life is a journey to polish oneself with a work of art.

Maria Kozuki

Maria Kozuki
©Kuninobu Akutsu
上月マリア公式ファンクラブ

上月マリアの言葉と語りをお届けいたします

言葉・語り Maria Kozuki
音楽 「Blessed Life 〜生命礼讃」
作曲 Maria Kozuki 編曲 Yu Takao

淑女の精神

美しさについて

神様のお姿

先が見えない時には

誰もが持つ至宝

祈り 〜for True Peace〜

淑女の生き方

2019.12.23 愛情の力を信じて・・・

かつてマザー・テレサはおっしゃいました。
「人は病気や飢えで死ぬのではありません。
 愛がなくて死ぬのです」・・・と。
弱い立場にあり不条理に苦しむ人々に寄り添い
その救済に生涯を捧げた方だからこそ言い得る、
真実の言葉であると存じます。

この一年間も、
あなたは多くの人や生命に愛され大切にされてきたことでしょう。
たとえ言葉にはならずとも、
思い返せばふと心が温かくなるような蔭の力も
幾つもありましたことでしょう。
そしてあなたご自身も、
たくさんの人を生命を愛し大切にしてこられたことでしょう。
年の瀬は、謝恩の時。
心静かにそのお一人お一人、一つ一つの愛を想い起し、
お幸せを祈る時。
今日から大晦日までの間、一日に一度その時間をつくり、
愛し愛された有形無形の思い出を辿り、
心を愛でいっぱいに満たしましょう。
それが新しい年の幸福のエネルギーにもなります。

どうぞ心豊かな聖夜と年末年始をお過ごし下さいませ。
愛をこめて・・・

 

 

 

 

 

 

 

2019.11.22 

美しいことを考える時間が
美しい人生をつくる
一人一人の思いやりの心が
平和な世の中をつくる

神様のお答えはいつもシンプル
「真理はすでに明らかになっている」
©Maria Kozuki

令和初の新嘗祭、ローマ教皇の来日、日本・オーストリア修好150周年
平和への祈りが幾重にも織りなす時に寄せて・・・

    

 

 

 

2019.11.13 大嘗祭に寄せて

天地を 照らす日月の 極みなく あるべきものを 何をか思はむ
(万葉集 巻第二十・大炊王)

淳仁天皇が皇太子(大炊王:オホヒノオホキミ)であった天平宝字元年4月(757年4月)に詠まれた御歌。大嘗祭によせて、「令和」の出典の一つである「万葉集」より、若き皇太子が決意を謳った一首を選んでみました。皆さまなら、どのような句をお選びになりますでしょうか?

2019.11.6 

時代と共に、礼儀作法の詳細も変化いたしますのは自然なことでしょう。
それでもなお古今東西変わらぬものを真髄と申しますならば、
プロトコール&マナーの真髄とは、「生命を尊び敬う心とその行い」であると存じます。
敬う心を抱き続ける努力、敬う心をその都度相応しい振る舞いや形で現し続ける努力・・・。社会全体はもとより、家庭の中でも職場でも、この努力を継続してゆく先に、本当の意味での平和というものもあると確信するのです。

当協会(一般社団法人日本プロトコール&マナーズ協会)ではこうした理念のもとに、教育と文化の面から礼儀作法の真髄を普及する活動を15年以上に渡り展開しております。
そして、この真髄を心技体ともに習得したプロトコール&マナーの指導家を育成する教育機関がノブレス・オブリージュアカデミーなのです。

さて、当協会の社会貢献活動として2010年に始まりました「自分力・日本力向上委員会~未来をひらく女性のプロジェクト~」では、今秋も東京都主催の食育フェアに参加し、テーブルマナー・レッスンのワークショップを行います。
「生命を大切にいただく心とその作法」を体験して頂くこのレッスンには、毎年、お子さまからご高齢の方まで実に幅広い層の方々がご参加くださり、大変お楽しみいただいております。
今年は祝賀パレードと重なりますが、ぜひその足で、会場の代々木にもお運び頂けましたら幸甚にございます。
今年も大勢のご参加を、心よりお待ち申し上げております。

どうぞ素晴らしい晩秋をお過ごしくださいませ。

【東京都食育フェアでのテーブルマナーレッスン】
日時:11月9日(土)10日(日) 10:00~16:00
会場:代々木公園ケヤキ並木通り 50番ブース
内容:和食のマナーと洋食のマナーをクイズ形式で楽しく学びましょう!
費用:無料